コンピューターの検査

オンデマンドスキャナーはウイルス対策の重要な部分であり、コンピューター上のファイルやフォルダーのスキャンを実行するために使用されます。セキュリティの観点からは、感染が疑われるときだけコンピュータのスキャンを実行するのではなく、通常のセキュリティ手段の一環として定期的に実行することが重要です。定期的にシステムの詳細検査を実行し、ディスクに書き込まれるときに、リアルタイムファイルシステム保護では検出されないウィルスを検出することをお勧めします。これは、リアルタイムファイルシステム保護が特定の時点で無効であった場合、ウイルスデータベースが古い場合、またはファイルがディスクに保存されたときにウイルスとして検出されなかった場合に発生することがあります。

2種類のコンピュータの検査が利用できます。[コンピュータの検査]では、スキャンパラメータを指定することなく、すばやくシステムをスキャンできます。カスタム検査では、特定の検査場所を対象にあらかじめ定義した検査プロファイルの選択や、特定の検査対象の選択を行うことができます。

ICON_SCAN コンピューターの検査

コンピューターの検査では、すばやくコンピューターのスキャンを起動でき、ユーザーの手を煩わせることなく感染したファイルをクリーンナップできます。コンピューターの検査の利点は、操作が簡単で、詳細な検査設定を必要としないことにあります。これにより、ローカルドライブにあるすべてのファイルが検査されます。検出されたマルウェアがあれば、自動的に駆除または削除されます。駆除のレベルは自動的に既定値に設定されます。駆除の種類の詳細については、「駆除」を参照してください。

ICON_CUSTOM_SCAN カスタム検査

カスタム検査では、スキャン対象やスキャン方法などのスキャンパラメータを指定できます。カスタム検査の利点は、パラメータを詳細に設定できることです。設定はユーザー定義の検査プロファイルに保存できます。これは、同じパラメータで検査を繰り返し実行する場合に便利です。

ICON_REMOVABLE_SCAN リムーバブルメディア検査

コンピュータの検査と同じように、現在コンピュータに接続されているリムーバブルメディア(CD/DVD/USBなど)の検査をすばやく開始します。これは、USBフラッシュドライブをコンピュータに接続し、マルウェアや他の潜在的な脅威についてそのコンテンツを検査する場合に便利です。

このタイプの検査は、[カスタム検査]をクリックし、[検査の対象]ドロップダウンメニューから[リムーバブルメディア]を選択して、[検査]をクリックして開始することもできます。

ICON_REPEAT_SCAN 前回の検査の再実行

実行したものと同じ設定以前に実行したスキャンを使用して、すばやく起動します。

 
検査プロセスの詳細については、「検査の進行状況」を参照してください。

注意: コンピュータの検査を最低でも月に1回は実行することをお勧めします。スキャンのスケジュールタスクとして[ツール] > その他のツール > スケジューラで設定できます。週次コンピュータ検査をスケジュールする方法