ログファイル

ログファイルには、発生したすべての重要なプログラムイベントに関する情報が格納され、検出されたウイルスの概要が表示されます。ログは、システムの分析、ウイルスの検出、およびトラブルシューティングの重要な部分です。ログへの記録はバックグラウンドでアクティブに実行され、ユーザーの操作を必要としません。情報は、ログの詳細レベルに関する現在の設定に基づいて記録されます。ESET Smart Security環境から直接、ログをアーカイブするだけでなく、テキストメッセージとログを表示することができます。

ログファイルにアクセスするには、メインプログラムウィンドウで[ツール] > その他のツール > ログファイルを選択します。[ログ]ドロップダウンメニューから目的のログタイプを選択します。使用可能なログは次のとおりです。

検出された脅威 - ウイルスログには、ESET Smart Securityによって検知されたマルウェアについての詳細情報が記録されています。ログ情報には、検出時刻、マルウェアの名前、場所、実行されたアクション、マルウェアの検出時にログインしていたユーザーの名前が含まれます。ログエントリーをダブルクリックすると、その詳細が別のウィンドウに表示されます。
イベント - イベントログには、ESET Smart Securityによって実行されたすべての重要なアクションが記録されます。イベントログには、プログラムで発生したイベントやエラーに関する情報が格納されます。システム管理者およびユーザーが問題を解決するように設計されています。多くの場合、ここで見つかる情報は、プログラムで発生した問題の解決法の検出に役立ちます。
コンピュータの検査 - このウィンドウには、完了した全ての手動またはスケジュールされた検査結果が表示されます。各行は、個々のコンピューター制御に対応します。エントリーをダブルクリックすると、それぞれの検査結果の詳細が表示されます。
HIPS - 記録対象としてマークされた特定のHIPSルールのレコードが示されます。このプロトコルは、操作をトリガしたアプリケーション、結果(ルールが許可されたのか禁止されたのか)、および作成されたルール名を表示します。
パーソナルファイアウォール - ファイアウォールログには、パーソナルファイアウォールによって検出された全てのリモート攻撃が表示されます。ここでは、コンピューターに対するすべての攻撃についての情報が見つかります。[イベント]列には検出された攻撃が表示されます。[ソース]列には、攻撃者の詳細が表示されます。[プロトコル]列には、攻撃に使用された通信プロトコルが表示されます。ファイアウォールのログを解析することにより、システムへ侵入しようとする試みを検知し、不正なアクセスの防止に役立つ場合があります。
フィルタリングされたWebサイト -このリストは、Webアクセス保護またはペアレンタルコントロールによってブロックされたWebサイトの一覧を表示する場合に便利です。 これらのログでは、特定のWebサイトへの接続を作成した時間、URLアドレス、ユーザー、およびアプリケーションを確認できます。
迷惑メール対策機能 - 迷惑メールとマークされたメールメッセージと関連するレコードが示されます。
ペアレンタルコントロール - ペアレンタルコントロールによってブロックまたは許可されたWebページが表示されます。[一致タイプ]列と[一致する値]列には、フィルタリングルールがどのように適用されたかが示されます。
デバイスコントロール - コンピュータに接続されたリムーバブルメディアまたはデバイスの記録が含まれます。個別のデバイスコントロールルールが設定されているデバイスのみがログファイルに記録されます。接続されているデバイスとルールが一致しない場合には、接続されているデバイスのログエントリは作成されません。ここで、デバイスタイプ、シリアル番号、ベンダー名、メディアのサイズ(ある場合)などの詳細情報も確認できます。

各セクションで、表示されている情報はキーボードショートカットCtrl + Cを使ってクリップボードにコピーすることができます。CtrlキーおよびShiftキーを使用して複数エントリーを選択できます。

MODULE_INACTIVE フィルタリングをクリックすると、フィルタリング条件を定義することができる ログフィルタリング ウィンドウが開きます。

特定のレコードを右クリックしてコンテキストメニューを表示できます。以下のオプションがコンテキストメニューに用意されています。

表示 - 新しいウィンドウで選択したログに関する詳細を表示します。
同じレコードをフィルタ表示 - このフィルターをアクティブにすると、同じタイプのレコード(診断、警告、など)だけが表示されます。
フィルタ - このオプションをクリックすると、ログを検索ウィンドウで、特定のログエントリのフィルタリング条件を定義できます。
フィルタを有効にする - フィルタ設定を有効にします。
フィルタをクリア - フィルターのすべての設定(上記)をクリアします。
コピー/すべてコピー - ウィンドウにあるすべてのレコードに関する情報をコピーします。
削除/すべて削除 - 選択されたレコードまたは表示されているすべてのレコードを削除します。このアクションには、管理者権限が必要です。
エクスポート... - レコードに関する情報をXML形式でエクスポートします。
すべてエクスポート... - レコードに関する情報をXML形式でエクスポートします。
ログのスクロール - 古いログを自動スクロールし、アクティブなログを[ログファイル]ウィンドウで表示する場合は、このオプションをオンにしておきます。