実行中のプロセス

実行中のプロセスは、コンピューター上で実行中のプログラムまたはプロセスを表示し、新規のウイルスを即座にESETに通知し、その通知を継続します。ESET Smart Securityは実行中のプロセスについて詳細な情報を提供し、ThreatSense技術でユーザーを保護します。

PAGE_CLOUD

プロセス - コンピューターで現在実行中のプログラムまたはプロセスのイメージ名。Windowsタスク マネージャを使用して、コンピューターで動作中のプロセスすべてを表示することもできます。タスクマネージャを開くには、タスクバーの何もない領域で右クリックしてから[タスクマネージャ]をクリックするか、またはキーボードでCtrl+Shift+Escを押します。

リスクレベル - 多くの場合、ESET Smart SecurityおよびThreatSense技術では、各オブジェクトの特性を検証して悪意のあるアクティビティである可能性に重み付けする一連のヒューリスティックルールを使用して、オブジェクト(ファイル、プロセス、レジストリキーなど)に危険レベルが割り当てられます。これらのヒューリスティックに基づいて、オブジェクトに1 - 良好(緑)9 - 危険(赤)のリスクレベルが割り当てられます。

注意: 良(緑)のマークの付いた既知のアプリケーションは、感染していないことが判明しており(ホワイトリストに記載)、検査から除外されます。これは、コンピュータでの[コンピュータの検査]または[リアルタイムファイルシステム保護]の検査速度を向上させるための仕組みです。

PID - プロセスIDと一意の数値ID。

ユーザー数 - 指定されたアプリケーションを使用するユーザーの数。この情報は、ThreatSense技術によって収集されます。

初回発見日 - ThreatSense技術によってアプリケーションが検出された日付。

注意:アプリケーションが不明(オレンジ)のセキュリティレベルのマークを付けられていても、必ずしも悪意のあるソフトウェアというわけではありません。通常は、単に新しいアプリケーションというだけです。疑わしいファイルが見つかった場合は、ESETのリサーチラボに提出してファイルを解析に送信できます。そのファイルが悪意のあるアプリケーションであることが判明すると、それ以降のいずれかのアップデートファイルにその検出が追加されます。

アプリケーション名 - プログラムまたはプロセスの特定の名前。

リストの特定のアプリケーションと詳細を表示をクリックすると、次の情報がウィンドウの下部に表示されます。

ファイルパス - コンピューター上のアプリケーションの場所。
サイズ - アプリケーションファイルサイズ。
説明 - オペレーティングシステムからの情報に基づくファイル特性。
会社 - ベンダーまたはアプリケーションプロセスの名前。
バージョン - アプリケーション発行元からの情報。
製品 - アプリケーション名および/または商号。
作成日修正日 - アプリケーションタイムスタンプ。

注意: 評価は、実行中のプログラム/プロセスとして動作しないファイルに対してもチェックできます - チェックするファイルをマークして右クリックし、[詳細オプション] > [ファイル評価のチェック]を選択します。

HLPTOOLS_CLOUD_CHECK