ESET Smart Securityの操作

ESET Smart Security[設定]オプションでは、コンピュータの保護レベルを調整できます。 およびネットワークのセキュリティレベルを調整できます。.

PAGE_SETUP

[設定]メニューには次のセクションに分割されます。

ICON_COMPUTER_PROTECTION コンピュータの保護

ICON_INTERNET_PROTECTION インターネット保護

ICON_NETWORK_PROTECTION ネットワーク保護

ICON_SECURITY_TOOLS セキュリティツール
 

いずれかのコンポーネントをクリックすると、対応する保護モジュールの詳細設定を調整することができます。

[コンピューター保護の設定]では、次のコンポーネントを有効または無効にすることができます。

リアルタイムファイルシステム保護 - ファイルは全て、コンピューター上で開くとき、作成するとき、または実行するときに、悪意のあるコードがないか検査されます。
HIPS - HIPSは、オペレーティングシステム内のイベントを監視し、カスタマイズされた一連のルールに従って動作します。
ゲームモード - ゲームモードを有効または無効にします。警告メッセージ(潜在的なセキュリティリスク)を受け取った後、ゲームモードを有効にするとメインウィンドウがオレンジに変わります。
 

[インターネット保護の設定]では、次のコンポーネントを有効または無効にすることができます。

Webアクセス保護 - これを有効にすると、HTTPまたはHTTPS経由のすべてのトラフィックを検査して悪意のあるソフトウェアが検出されます。
電子メールクライアント保護 - POP3とIMAPプロトコルで受信した通信が監視されます。
迷惑メール対策機能 - 受信者側が送信を要求していないメール(迷惑メール)を検査します。
フィッシング対策 - ユーザーに機密情報を提出させることを目的としたコンテンツを配布している可能性のあるWebサイトをフィルタリングします。

[ネットワーク保護]セクションでは、パーソナルファイアウォール、ネットワーク攻撃保護(IDS)、およびボットネット保護を有効または無効にできます。

[セキュリティツール]設定では、次のモジュールを変更できます:

オンラインバンキングと決済の保護
ペアレンタルコントロール
アンチセフト

[ペアレンタルコントロール]セクションでは、対象ユーザーに対して適切でない内容を掲載していると考えられるWebページをブロックします。さらに、事前に定義された40以上のカテゴリと140以上のサブカテゴリへのアクセスを禁止できます。

無効にしたセキュリティコンポーネントの保護を再度有効にするには、スライダーMODULE_DISABLEDをクリックします。 すると、緑のチェックマークMODULE_ENABLEDが表示されます。

注意: この方法で保護を無効にした場合は、無効にした保護機能のすべてのモジュールが、コンピュータの再起動後に有効になります。

設定ウィンドウの下部に追加オプションがあります。詳細設定リンクを使用して、それぞれのモジュールの詳細パラメータを設定します。.xml設定ファイルを使用して設定パラメーターをロードしたり、現在の設定パラメーターを設定ファイルに保存したりするには、[設定のインポートおよびエクスポート]を使用します。