MS Outlookツールバー

Microsoft Outlookの保護機能はプラグインとして動作します。ESET Smart Securityのインストール後、ウイルス保護/迷惑メール対策 機能オプションがMicrosoft Outlookに追加されます。

迷惑メール - 選択したメールを迷惑メールとしてマークします。マークすると、迷惑メールのシグネチャを格納するセントラルサーバにメールの"フィンガープリント"が送信されます。複数のユーザーからさらに別の似通った"フィンガープリント"がサーバに送信されると、そのメールは迷惑メールとして分類されます。

信頼メール - 選択したメールを信頼メールとしてマークします。

迷惑メールアドレス(迷惑メールアドレスのリストであるブラックリスト) - 新しい送信元アドレスをブラックリストに追加します。ブラックリスト内のアドレスから受信したメッセージはすべて、自動的に迷惑メールとして分類されます。

警告: スプーフィングに注意してください。スプーフィングとは、メールの送信元アドレスを偽造し、メールの受信者を騙してメールを読ませ、返信させるものです。

信頼アドレス(信頼アドレスのリストであるホワイトリスト) - 新しい送信元アドレスをホワイトリストに追加します。ホワイトリスト内のアドレスから受信したメッセージはすべて、自動的に迷惑メールとして分類されることはありません。

ESET Smart Security - アイコンをダブルクリックすると、ESET Smart Securityのメインウィンドウが開きます。

メッセージの再検査 - 電子メールのチェックを手動で開始できます。チェックするメッセージを指定して、受信メールの再検査を有効にできます。詳しくは、「電子メールクライアント保護」を参照してください。

スキャナの設定 - [電子メールクライアント保護]設定オプションを表示します。

迷惑メール対策のセットアップ - [迷惑メール対策機能]設定オプションを表示します。

アドレス帳 - [迷惑メール対策機能]ウィンドウが開きます。このウィンドウから、除外アドレス、信頼アドレス、および迷惑メールアドレスのリストにアクセスできます。