ログを検索

ESET Smart Securityのログの設定には、プログラムのメインウィンドウからアクセスできます。[設定] > [詳細設定] > [ツール] > [ログファイル]をクリックします。[ログ]セクションでは、ログの管理方法を定義することができます。ハードディスクの容量を節約するために、古いログは自動的に削除されます。ログファイルの次のオプションを指定することができます。

ログに記録する最小レベル - ログに記録するイベントの最低詳細レベルを指定します。

診断 - プログラムおよび上記のすべてのレコードを微調整するのに必要な情報をログに記録します。
情報 - アップデートの成功メッセージを含むすべての情報メッセージと上記のすべてのレコードを記録します。
警告 - 重大なエラー、エラー、および警告メッセージを記録します。
エラー - 「ファイルのダウンロード中にエラーが発生しました」といったエラーや重大なエラーを記録します。
重大 - 重大なエラー(ウイルス対策機能の開始エラー、パーソナルファイアウォールなど)のエラーを記録します。

注意: 診断の詳細レベルを選択すると、すべてのブロックされた接続が記録されます。

[次の日数が経過したエントリを自動的に削除する]フィールドに指定された日数を経過したログエントリは自動的に削除されます。

ログファイルを自動的に最適化する - チェックすると、[使用されていないエントリの割合が次の値よりも大きくなったら最適化]フィールドに指定した断片化の割合を超えると、ログファイルは自動的に最適化されます。

[最適化]をクリックすると、ログファイルの最適化が開始します。すべての空のログエントリが削除され、パフォーマンスとログ処理速度が改善します。この向上は、特にログに多数のエントリが含まれている場合に顕著に見られます。

[テキストプロトコルを有効にする]をオンにすると、ログファイルとは別のファイル形式でログを保存できます。

ターゲットディレクトリ - ログファイルが保存されるディレクトリ(テキスト/CSVのみ)。各ログセクションには定義済みのファイル名を使用した独自のファイル(例: プレーンテキストファイル形式でログを保存する場合は、ログファイルの検出された脅威セクションはvirlog.txt)があります。
種類 - テキストファイル形式を選択する場合は、ログがテキストファイルに保存されます。データはタブ区切りです。同じことがカンマ区切りのCSVファイル形式にも当てはまります。イベントを選択すると、ファイルではなく、Windowsイベントログに、ログが保存されます(コントロールパネルのイベントビューアで表示できます)。

ログの削除 - [種類]ドロップダウンメニューで現在選択されているすべての保存済みログが消去されます。ログ削除の成功に関する通知が表示されます。

注意: 問題をより迅速に解決できるように、コンピュータからログを提供するように依頼される場合があります。ESET Log Collectorを使用すると、必要な情報を簡単に収集できます。ESET Log Collectorの詳細については、ESETナレッジベース記事を参照してください。