ゾーンの設定

1つのゾーンは、1つの論理グループを構成するネットワークアドレスのコレクションを表します。アドレスのグループであり、複数のルールで同じグループのアドレスを再利用する必要があるときに有効です。特定のグループ内の各アドレスには、グループ全体について集中的に定義された同様なルールが割り当てられています。このようなグループの一例として、信頼ゾーンがあります。信頼ゾーンは、パーソナルファイアウォールによってブロックされることがないネットワークアドレスのグループです。ゾーンは[詳細設定] > [パーソナルファイアウォール]>[基本]で、[ゾーン]の横の[編集]をクリックして設定できます。新しいゾーンを追加するには、[追加]をクリックし、ゾーンの名前説明を入力し、[リモートコンピュータアドレス(IPv4/IPv6、範囲、マスク)]フィールドにリモートIPアドレスを追加します。

ファイアウォールゾーン設定ウィンドウでは、ゾーン名、説明、ネットワークアドレスリストを指定できます(「既知のネットワークエディタ」を参照)。