信頼された外向きの通信

信頼ゾーン内の外向き通信の例:
ローカルネットワーク内または信頼ゾーンのネットワーク内の別のコンピュータとの接続を確立しようとしている、ローカルアプリケーション。

DIALOG_EPFW_NEW_CONNECTION_OUT_TRUSTED

アプリケーション - 接続を確立しているアプリケーション。

会社 - アプリケーションの発行元。

評価 - ThreatSense技術によって取得されたアプリケーションの評価。

サービス - 現在コンピューターで実行中のサービスの名前。

リモートコンピューター - コンピューター上のアプリケーションとの通信を確立しようとしているリモートコンピューター。

リモートポート - 通信に使用されるポート。

毎回確認 - ルールの既定のアクションを確認に設定した場合、ルールがトリガーされるたびにダイアログウィンドウが表示されます。

このプロセスに対するアクションを記憶する - ESET Smart Securityは、次の再起動まで、選択したアクションを記憶しています。

ルールを作成し、永久に記憶 - 通信を許可または拒否する前にこのオプションを選択すると、ESET Smart Securityによってそのアクションが記憶され、そのリモートコンピューターからアプリケーションに再度アクセスするときに使用されます。

許可 - 内向きの通信を許可します。

拒否 - 内向きの通信を拒否します。

詳細オプション - ルールのプロパティをカスタマイズできます。