マスクの追加

希望のアドレス/ドメインマスクを入力する前に、このダイアログの指示を参照してください。

ESET Smart Securityでは、指定したWebサイトへのアクセスを遮断して、インターネットブラウザにそのコンテンツを表示させないようにすることができます。さらに、検査から除外するアドレスを指定することもできます。リモートサーバの完全な名前が不明であるか、またはリモートサーバのグループ全体を指定する場合には、いわゆるマスクを使用して、そのようなグループを特定できます。マスクには、記号の"?"と"*"があります。

記号1つを表すには、"?"を使用します。
文字列1つを表すには、"*"を使用します。

たとえば、*.c?mは最後の部分がcで始まってmで終わり、その間に任意の記号が1つ入るアドレス全て(.comや.camなど)を表します。

先頭の「*.」シーケンスは、ドメイン名の先頭で使用されると、特殊な方法で処理されます。まず、この場合、*ワイルドカードはスラッシュ文字(「/」)とは一致しません。これは、例えば、マスク*.domain.comhttp://anydomain.com/anypath#.domain.comと一致しないように(このようなサフィックスはダウンロードに影響せずにURLの最後に付加できます)、マスクの迂回を回避するためです。次に、この特殊な場合では、「*.」は空の文字列にも一致します。これは、1つのマスクを使用したサブドメインを含むドメイン全体と一致できるようにするためです。例えば、マスク*.domain.comhttp://domain.comにも一致します。*domain.comの使用は、http://anotherdomain.comにも一致するため、正しくありません。