LANへの接続アカウント

Windows NTオペレーティングシステムのバージョンでローカルサーバーからアップデートする場合は、既定で、ネットワーク接続ごとに認証が必要です。

このようなアカウントを構成するには、ドロップダウンメニューからローカルユーザータイプを選択します。

システムアカウント(既定)
現在のユーザー
指定したユーザー

システムアカウントを認証に使用するには、[システムアカウント(既定)]を選択します。一般に、アップデートの設定のメインセクションで認証データが指定されていない場合、認証プロセスは実行されません。

現在ログインしているユーザーアカウントを使用して認証が行われるようにするには、[現在のユーザー]を選択します。この方法の欠点は、ログインしているユーザーがいない場合、プログラムがアップデートサーバーに接続できない点です。

特定のユーザーアカウントが認証に使用されるようにするには、[指定されたユーザー]を選択します。この方法は、既定のシステムアカウント接続に失敗した場合に使用してください。指定されたユーザーのアカウントは、ローカルサーバー上のアップデートファイルディレクトリーにアクセスできなければなりません。アクセスできない場合は、接続を確立して、アップデートファイルをダウンロードすることができません。

警告: [現在のユーザー]または[指定されたユーザー]オプションが有効になっている場合、プログラムのIDを目的のユーザーに変更すると、エラーが発生することがあります。そのため、アップデートの設定のメインセクションでLANの認証データを入力することをお勧めします。このアップデート設定セクションでは、認証データは次のように入力する必要があります。domain_name\user (これがワークグループの場合はworkgroup_name\nameと入力します)およびパスワード。ローカルサーバーのHTTPミラーからアップデートする場合、認証は不要です。

アップデートファイルのダウンロード後もサーバーとの接続がアクティブなままになる場合は、[アップデート終了後にサーバから切断する]を選択して強制的に切断します。