警告と通知

電子メールクライアント保護では、POP3プロトコルおよびIMAPプロトコルで受信したメール通信が検査されます。ESET Smart Securityは、Microsoft Outlook用のプラグインおよびその他のメールクライアントを使用して、メールクライアントからの全通信(POP3、MAPI、IMAP、HTTP)を検査します。受信メッセージを検査するときには、ThreatSenseスキャンエンジンに含まれている詳細なスキャン方法がすべて使用されます。そのため、ウイルス定義データベースと突き合わせて一致する前であっても、悪意のあるプログラムの検出が可能です。POP3プロトコルとIMAPプロトコルの通信のスキャンは、使用されるメールクライアントからは独立しています。

この機能のオプションは、[詳細設定] > [Webとメール] > [電子メールクライアント保護] > [警告と通知]にあります。

ThreatSenseパラメータ - ウイルススキャナの詳細設定
では、スキャン対象や検出方法などを設定することができます。クリックすると、ウイルススキャナの詳細設定ウィンドウが表示されます。

メールが検査された後、スキャン結果を記載した通知をメールに追加することができます。[受信メールと既読メールにタグメッセージを追加]、[受信した感染メールと既読の感染メールの件名に注を追加]、または[送信メールにタグメッセージを追加]を選択できます。まれに、問題のあるHTMLメッセージの場合やメッセージがマルウェアによって偽造された場合は、タグメッセージが存在しないことがあることに注意してください。タグメッセージは、受信/既読メールまたは送信メール(あるいはその両方)に追加することができます。使用可能なオプションは次のとおりです。

追加しない - 検査通知は追加されません。
感染メールのみ - 悪意のあるソフトウェアをもった検査通知のみに検査済みのマークが付けられます(既定)。
すべての検査済みメール - スキャンされた全てのメールに検査通知が追加されます。

送信した感染メールの件名に注釈を追加 - メールの保護で、感染しているメールの件名にウイルス警告を追加しない場合は無効にします。この機能は、感染しているメールを件名に基づいて単純にフィルタリングする場合に有効です(メールプログラムでサポートされている場合)。また、受信者の信頼を高めることができ、マルウェアが検出された場合、特定のメールまたは送信者のマルウェアについての貴重な情報を得ることができます。

感染メールの件名に追加する目印のテンプレート - 感染メールの件名のプレフィックス形式を変更する場合はこのテンプレートを編集します。この機能を実行すると、メッセージの件名"Hello"が、プリフィクス値"[virus]"("[virus] Hello"の形式)で置き換えられます。変数の%VIRUSNAME%は検出されたマルウェアです。