アイドル状態検査

[ウイルス対策] > [アイドル状態検査] > [基本] の下の[詳細設定]でアイドル状態検査を有効にできます。[アイドル状態検査を有効にする]の横のチェックボックスをオンにすると、この機能を有効にします。コンピューターがアイドル状態になると、すべてのローカルドライブでコンピュータの検査がサイレントに実行されます。アイドル状態検査を開始するために満たす必要がある条件の詳細な一覧については、アイドル状態検知の設定を参照してください。

既定では、アイドル状態検出はコンピューター(ノートパソコン)がバッテリー電源で動作しているときは実行されません。この設定を変更するには、詳細設定で[コンピューターがバッテリー電源で動作している場合にも実行する]の横のスイッチをオンにします。

[ログを有効にする] をオンに切り替え、[詳細設定] > [ツール] > ESET LiveGrid®でコンピューターの検査を[ログファイル]セクションに記録します。 (メインのプログラムウィンドウで[ツール] > [ログファイル]を選択し、[ログ]ドロップダウンメニューから[コンピュータの検査]を選択)

アイドル状態検出が実行されるのは、コンピューターが次の状態の場合です。

スクリーンセーバ
コンピューターのロック
ユーザー ログオフ

[ThreatSenseエンジン設定]をクリックすると、アイドル状態検査の検査パラメータ(検出方法など)を修正できます。