ゲームモード

ゲームモードは、ソフトウェアを中断せずに使用し、ポップアップウィンドウを表示せず、CPUの使用量を最小化する必要があるユーザー向けの機能です。ゲームモードは、ウイルス対策アクティビティによって中断されてはならないプレゼンテーション中に使用することもできます。この機能を有効にすると、すべてのポップアップウィンドウが無効になり、スケジューラーの活動は完全に停止されます。システムの保護は引き続きバックグラウンドで実行されますが、ユーザーの操作を必要としません。

ゲームモードを有効または無効にするには、MODULE_INACTIVEをクリックして[設定] > [コンピューター保護]をクリック、 またはゲームモードの横のMODULE_ENABLEDをクリックします。ゲームモードを有効にすると、潜在的なセキュリティリスクが発生するため、タスクバーの保護の状態アイコンがオレンジになり、警告が表示されます。この警告はプログラムのメインウィンドウでも確認でき、[ゲームモードが有効です]がオレンジで表示されます。

[詳細設定]ツリー(F5)で[コンピューター]を展開し、[ゲームモード]をクリックして、[ゲームモードを有効にする]の横のチェックボックスをチェックして有効にできます。

[詳細設定](F5)で[アプリケーションが全画面モードで実行中の場合自動的にゲームモードを有効にする]を選択すると、アプリケーションを全画面モードで起動するたびに、ゲームモードが自動的に開始され、アプリケーションが終了すると自動的に停止します。

[ゲームモードを一定時間後に自動的に無効にする]チェックボックスを選択すると、ゲームモードが自動的に無効になるまでの時間を定義できます。

注意: パーソナルファイアウォールが対話モードの場合に、ゲームモードを有効にすると、インターネットとの接続時に問題が発生することがあります。これは、インターネットに接続するアプリケーションを開始するときに問題となります。通常は、このようなアクションについて確認するよう求められますが(通信ルールまたは例外が定義されていない場合)、ゲームモードではユーザーとの対話処理が無効になります。通信を許可するには、この動作が起こる可能性がある全てのアプリケーションで通信のルールを定義するか、またはパーソナルファイアウォールで別のフィルタリングモードを使用します。ゲームモードが有効な場合に、セキュリティ上の潜在的なリスクが存在するWebページまたはアプリケーションにアクセスすると、ユーザーとの対話処理が無効なため説明や警告が表示されることなくブロックされることに注意してください。