検査対象外とするファイル拡張子

拡張子は、ファイル名の一部であり、ピリオドで区切られています。拡張子は、ファイルの種類と内容を規定します。このThreatSenseパラメーター設定のセクションでは、スキャンするファイルの種類を指定する方法を説明します。

既定では、拡張子に関係なく、全てのファイルがスキャンされます。スキャンから除外するファイルの一覧には、どの拡張子でも追加できます。

特定の種類のファイルをスキャンすると、特定の拡張子を使用するプログラムが適切に動作しなくなる場合は、ファイルの除外が必要になることがあります。たとえば、MS Exchange Serverを使用しているときには、拡張子.edb、.eml、および.tmpを除外すると良いでしょう。

[追加]および[削除]のボタンを使用することで、特定のファイル拡張子のスキャンを有効にしたり禁止したりできます。リストに新しい拡張子を追加するには、[追加]をクリックし、空のフィールドに拡張子を入力して、[OK]をクリックします。[複数の値を入力]を選択すると、線、カンマ、セミコロンで区切られた複数のファイル拡張子を追加できます。複数のセミコロンが有効な場合、拡張子がリストに表示されます。リスト内の拡張子を選択し、[削除]をクリックすると、リストから拡張子が削除されます。選択した拡張子を編集する場合は、[編集]をクリックします。

特殊記号 ? (疑問符)を使用できます。指定感嘆符は任意の記号を表します。