既知の証明書のリスト

既知の証明書のリストを使用すると、特定のSSL証明書に対するESET Smart Securityの動作をカスタマイズし、対話モードSSL/TLSプロトコルフィルタリングモードで選択された場合に選択されたアクションを記憶できます。[詳細設定] (F5) > [Webとメール] > [SSL/TLS] > [既知の証明書のリスト]で、このリストを表示および編集できます。

[既知の証明書のリスト]ウィンドウには次の項目があります。

名前 - 証明書の名前。

証明書の発行者 - 証明書の作成者名。

証明証の表題 - 件名フィールドは、件名パブリックキーフィールドに保存されたパブリックキーに関連付けられたエンティティを指定します。

アクセス - 許可またはブロックアクセスアクションとして指定し、信頼性に関係なく、この証明書で保護された通信を許可またはブロックします。自動を選択すると、信頼できる証明書を許可し、信頼できない証明書については確認します。確認するを選択すると、常に処理方法をユーザーに確認します。

検査 - 検査または無視検査アクションとして選択すると、この証明書で保護された通信を検査または無視します。自動を選択すると、ルール付き自動モードでは検査し、対話モードでは確認します。確認するを選択すると、常に処理方法をユーザーに確認します。

コントロール要素

追加- 新しい証明書を追加し、アクセスと検査オプションの設定を調整します。

編集 - 設定する証明書を選択し、[編集]をクリックします。

削除 - 削除する証明書を選択し、[削除]をクリックします。

OK/キャンセル - 変更を保存する場合は[OK]をクリックします。保存せずに終了する場合は[キャンセル]をクリックします。