証明書

ブラウザーや電子メールクライアントでSSL通信を正しく機能させるには、ESETのルート証明書を既知のルート証明書(発行元)のリストに追加する必要があります。[ルート証明書を既知のブラウザに追加する]を有効にする必要があります。このオプションを選択すると、ESETルート証明書が既知のブラウザ(Opera、Firefoxなど)に自動的に追加されます。システム証明書の保存先を使用するブラウザーに、証明書が自動的に追加されます(Internet Explorerなど)。サポートされないブラウザーに証明書を適用するには、[証明書の表示] > [詳細] > [ファイルにコピー...]をクリックして、証明書をブラウザーに手動でインポートします。

場合によっては、信頼できるルート認証局ストア(VeriSignなど)を使用して証明書を検証できないことがあります。これは、証明書が他のユーザー(Webサーバーまたは中小企業の管理者)によって自己署名されていて、この証明書を信頼できるとみなしても必ずしもリスクにはならないことを意味します。多くの大企業(銀行など)は、TRCAによって署名されている証明書を使用します。[証明書の有効性を確認する](既定で選択)が選択されていると、ユーザーは暗号化通信の確立時に取るアクションを選択するよう求められます。アクションを選択するダイアログが表示され、ユーザーはその証明書を信頼するか除外するかを決定してマークを付けます。証明書がTRCAリストに含まれていない場合、ウィンドウはになります。証明書がTRCAリストに含まれている場合、ウィンドウはになります。

[証明書を使用する通信をブロックする]を選択して、未検証の証明書を使用するサイトとの暗号化通信をいつでも切断できます。

証明書が無効な場合、または破損している場合は、証明書の有効期限が切れているか、不正に自己署名されています。この場合は、この証明書を使用する通信をブロックすることをお勧めします。