既知のネットワーク

パブリックネットワークや標準の企業ネットワーク外のネットワークに頻繁に接続するコンピューターを使用している場合は、接続先の新しいネットワークの信頼性を検証することをお勧めします。ネットワークが定義されると、ネットワークIDで設定されたさまざまなネットワークパラメータを使用して、ESET Smart Securityは信頼できる(ホーム/会社)ネットワークを認識できます。コンピューターは、信頼されるネットワークで使用されているIPアドレスに類似したIPアドレスを使用して、ネットワークに接続することがよくあります。このような場合、ESET Smart Securityは不明なネットワークを信頼できる(ホーム/会社)ネットワークと見なすことがあります。ネットワーク認証を使用して、このような状況を回避することをお勧めします。

ネットワークアダプタがネットワークに接続されたり、ネットワーク設定が構成されたりすると、ESET Smart Securityは既知のネットワークリストから新しいネットワークと一致するレコードを検索します。[ネットワークID][ネットワーク認証] (オプション)が一致する場合、このインターフェイスでネットワークが接続済みに設定されます。既知のネットワークが見つからない場合、次回ネットワークに接続するときにネットワークを識別できるように、ネットワーク構成を設定して、新しいネットワークが作成されます。既定では、新しいネットワーク接続はパブリック保護タイプを使用します。[新しいネットワークが検出されました]ダイアログウィンドウでは、パブリックまたはホーム/会社保護タイプのいずれかを選択するように指示されます。ネットワークアダプタが既知のネットワークに接続され、ネットワークがホーム/会社に設定されると、アダプタのローカルサブネットが信頼ゾーンに追加されます。

注意: [新しいネットワークを自動的にパブリックに設定]をオンにすると、[新しいネットワーク接続が検出されました]ダイアログは表示されず、接続先のネットワークが自動的にパブリックに設定されます。このため、新しいネットワークから、特定の機能(ファイル共有やリモートデスクトップなど)にアクセスできなくなります。

[既知のネットワークエディタ]ウィンドウでは、既知のネットワークを手動で編集できます。