Webと電子メールのクライアント

注意:Windows Vista Service Pack 1およびWindows Server 2008以降では、ネットワーク通信のチェックに新しいWindowsフィルタリングプラットフォーム(WFP)が使用されます。WFP技術では特殊な監視手法が採用されているため、[Webと電子メールのクライアント]セクションを利用できません。

悪意のある多数のコードがインターネットを通じて広まっているので、コンピューターを保護するには、安全にインターネットを参照できることが非常に重要です。悪意のあるコードは、Webブラウザーの脆弱性や不正なリンクを利用して、気付かれずにシステムに侵入します。そのため、ESET Smart SecurityではWebブラウザーのセキュリティに重点が置かれています。ネットワークにアクセスする各アプリケーションをインターネットブラウザーとして指定することができます。チェックボックスには次の2つの状態があります。

選択解除 - 指定されたポートでのみアプリケーションの通信がフィルタリングされます。
選択 - 通信は常にフィルタリングされます(別のポートが設定されている場合も同様)。