電子メールクライアント

ESET Smart Securityをメールクライアントと統合すると、メールメッセージにおいて悪意のあるコードから積極的に保護するレベルが向上します。メールクライアントがサポートされている場合、統合をESET Smart Securityで有効にできます。統合が有効な場合、ESET Smart Securityツールバーが直接電子メールクライアントに挿入され(新しいバージョンのWindows Live Mailのツールバーは挿入されません)、電子メール保護を効率化できません。統合設定は、[設定] > [詳細設定] > [Webとメール] > [電子メールクライアント保護] > [電子メールクライアント]の下にあります。

メールクライアント統合

現在、メールクライアントとしてMicrosoft Outlook、Outlook Express、Windows Mail、Windows Live Mailがサポートされています。メールの保護は、これらのプログラムのプラグインとして機能します。プラグインの主な利点は、使用されるプロトコルに依存しない点です。暗号化されたメールをメールクライアントが受信した場合、メールは解読されてウイルススキャナーに送信されます。サポートされている電子メールクライアントとそのバージョンの総合リストは、ESETナレッジベースを参照してください。

統合が有効になっていない場合でも、電子メールクライアント保護モジュール(POP3、IMAP)によってメール通信は保護されます。

メールクライアントでの作業時にシステムの速度が低下する場合は、[受信ボックス内の変更時にチェックを無効にする]オプションを選択します(MS Outlookのみ)。Kerio Outlook Connector Storeからメールを取得するときに、この状況が発生する場合があります。

検査対象メール

受信メール - 受信メールを検査対象にする。

送信メール - 送信メールを検査対象にする。

既読メール - 既読メールを検査対象にする。

感染メールに対して実行するアクション

何もしない - これを有効にすると、感染している添付ファイルは特定されますが、メールに対してはいずれのアクションも実行されずそのまま残ります。

メールを削除する - 侵入がユーザーに通知され、メールは削除されます。

メールをごみ箱に移動する - 感染しているメールを自動的に[削除済み]フォルダに移動します。

メールを次のフォルダに移動 - 感染しているメールを自動的に指定したフォルダに移動します。

フォルダ - 検出に感染した電子メールを移動するカスタムフォルダを指定します。

アップデート後に再度検査を行う - ウイルス定義データベースのアップデート後に再検査に切り替えます。

ほかの機能の検査結果を受け入れる - 選択すると、メールの保護機能でほかの保護機能の検査結果が受け入れられます(POP3、IMAPプロトコル検査)。