ドキュメント保護

ドキュメントの保護機能により、Microsoft Officeドキュメントの検査(開く前に実行)、およびInternet Explorerにより自動的にダウンロードされたファイル(Microsoft ActiveX要素など)の検査が行われます。ドキュメントの保護により、リアルタイムファイルシステム保護に加えてさらに別段の保護が提供されますが、大量のMicrosoft Officeドキュメントを扱わないシステムでは、パフォーマンスを向上させるためにこれを無効にすることができます。

保護システムは、[システムに統合]オプションで有効になります。このオプションを変更するには、F5キーを押して、[詳細設定] ウィンドウを開き、[詳細設定]ウィンドウで[ウイルス対策] > [ドキュメント保護]をクリックします。

この機能は、Microsoft Antivirus API (Microsoft Office 2000以上、Microsoft Internet Explorer 5.0以上など)を使用するアプリケーションで有効化されます。