診断

診断では、ESETのプロセス(ekrnなど)のアプリケーションクラッシュダンプが生成されます。ダンプは、アプリケーションがクラッシュした時に生成されます。開発者はこれを使用し、ESET Smart Securityのさまざまな問題をデバッグまたは修正します。ダンプタイプの横のドロップダウンメニューをクリックし、3つの使用可能なオプションのいずれかを選択します。

[無効] (既定)をクリックすると、この機能を無効にします。
ミニダンプ - アプリケーションが不意にクラッシュした理由を特定する助けとなる最低限の有用な情報が記録されます。この種類のダンプファイルは、領域が限られているときに便利です。ただし、収容できる情報が限られるため、問題の発生時に実行されていたスレッドがエラーの直接の原因ではない場合、ファイルを解析しても原因を判別できない場合があります。
完全なメモリダンプ - アプリケーションが不意に停止した場合に、システムメモリの全内容が記録されます。完全なメモリーダンプには、メモリーダンプが収集されたときに実行されていたプロセスのデータが含まれます。

パーソナルファイアウォール詳細ロギングを有効にする- PCAP形式でパーソナルファイアウォール経由のすべてのネットワークデータ転送を記録します。これによって、開発者はパーソナルファイアウォール関連の問題を診断および修正できます。

プロトコルフィルタリング詳細ロギングを有効にする- PCAP形式でプロトコルフィルタリング経由のすべてのプロトコルフィルタリングデータ転送を記録します。これによって、開発者はプロトコルフィルタリング関連の問題を診断および修正できます。

ログファイルは次の場所にあります。
Windows Vista以降ではC:\ProgramData\ESET\ESET Smart Security\Diagnostics\、それよりも前のバージョンのWindowsではC:\Documents and Settings\All Users\...

保存先のフォルダ - クラッシュ時、ダンプが作成されるディレクトリーです。

ダンプファイルの保存フォルダを開くを開く - このディレクトリーを新しいWindows Explorerウィンドウで開く場合は、[開く]をクリックします。