リアルタイムファイルシステム保護

リアルタイムファイルシステム保護では、システムで発生する、ウイルスが関係するイベントを全て検査します。ファイルは全て、コンピューター上で開くとき、作成するとき、または実行するときに、悪意のあるコードがないか検査されます。リアルタイムファイルシステム保護は、システム起動時に開始されます。

CONFIG_AMON

既定では、リアルタイムファイルシステム保護はシステム起動時に起動し、中断なしに検査を行います。特殊な場合(別のリアルタイムスキャナと競合する場合など)は、[詳細設定]から[リアルタイム検査] > [基本] > [リアルタイムファイルシステム保護を自動的に開始する]オプションの選択を解除すると、リアルタイム保護を無効にできます。

検査するメディア

既定では、あらゆる種類のメディアに対して潜在的な脅威が検査されます。

ローカルドライブ - システムハードディスクをすべて検査します。

リムーバブルメディア - CD/DVD、USB記憶装置、Bluetoothデバイスなどを検査します。

ネットワークドライブ - マッピングされたドライブをすべて検査します。

既定の設定を変更するのは、あるメディアの検査によりデータ転送が極端に遅くなるときなど、特別な場合だけにすることをお勧めします。

検査のタイミング

既定では、ファイルを開いたり、作成したり、実行したりするときに、すべてのファイルが検査されます。既定の設定ではコンピューターが最大限のレベルでリアルタイムに保護されるので、既定の設定を変更しないことをお勧めします。

ファイルオープン - 開いたファイルの検査を有効または無効にします。
ファイル作成 - 作成するファイルの検査を有効または無効にします。
ファイル実行 - 実行するファイルの検査を有効または無効にします。
リムーバブルメディアアクセス - ストレージに空き容量がある特定のリムーバブルメディアを利用することでトリガされる検査を有効または無効にします。
コンピュータシャットダウン - コンピューターのシャットダウン時におけるハードディスクのブートセクタの検査を有効または無効にします。

リアルタイムファイルシステム保護は、ファイルアクセスなど、さまざまなシステムイベントごとにトリガされ、すべての種類のメディアを確認します。リアルタイムファイルシステム保護は、ThreatSenseテクノロジの検出方法(「ThreatSenseエンジンのパラメーターの設定」セクションに説明があります)を使用しており、新しく作成されたファイルを既存のファイルと異なる方法で扱うように設定できます。たとえば、新しく作成されたファイルを今までよりも細かく監視するように、リアルタイムファイルシステム保護を設定できます。

システムの使用領域を最小化するために、リアルタイム保護の使用時、すでに検査されたファイルは(変更がない限り)繰り返し検査されません。ウイルス定義データベースがアップデートされると、直ちにファイルが再検査されます。この動作は[スマート最適化]を使用して設定します。このスマート最適化が無効の場合、すべてのファイルがアクセスのたびに検査されます。この設定を変更するには、F5を押して詳細設定を開き、[ウイルス対策] > [リアルタイムファイルシステム保護]を展開します。[ThreatSenseパラメーター] > [その他] > [スマート最適化を有効にする]オプションを選択または選択解除します。