追加のTHREATSENSEパラメータ

新しく作成および変更されたファイルに適用する追加のThreatSenseパラメータ

新しく作成または修正されたファイルの感染の可能性は、既存のファイルよりも比較的高くなります。この理由により、プログラムはこれらのファイルを追加のスキャンパラメータで確認します。ESET Smart Securityはウィルス定義データベースの更新がリリースされる前に、定義ベースのスキャン方法と組み合わせて アドバンスドヒューリスティックを使用し、新しい脅威を検出します。新規に作成したファイル以外に、自己解凍アーカイブのファイル(SFX)および圧縮された実行形式(内部圧縮された実行可能ファイル)も検査されます。既定では、アーカイブは 10 番目の入れ子レベルまでスキャンされ、実際のサイズに関わらずチェックされます。アーカイブ検査設定を変更するには、[既定のアーカイブ検査の設定]オプションを選択解除します。

実行したファイルに適用する追加のThreatSenseパラメータ

ファイル実行時のアドバンスドヒューリスティック - 既定ではアドバンスドヒューリスティックはファイルの実行時に使用されます。有効にするときには、スマート最適化とESET LiveGrid®を有効にし、システムパフォーマンスへの影響を低減することを強くお勧めします。

リムーバブルメディア内のファイルの実行時に使用するアドバンスドヒューリスティック - コードがリムーバブルメディアから実行されることを許可する前に、高度なヒューリスティックが仮想環境でコードを列挙し、その動作を評価します。