詳細設定

警告および通知の表示を開始する重大度を、[表示イベントの最低詳細レベル]ドロップダウンメニューから選択できます。

診断 - プログラムおよび上記のすべてのレコードを微調整するのに必要な情報をログに記録します。
情報 - アップデートの成功メッセージを含むすべての情報メッセージと上記のすべてのレコードを記録します。
警告 - 重大なエラー、エラー、および警告メッセージを記録します。
エラー - 「ファイルのダウンロード中にエラーが発生しました」といったエラーや重大なエラーを記録します。
重大 - 重大なエラー(ウイルス対策機能の開始エラー、パーソナルファイアウォールなど)のエラーを記録します。

このセクションの最後の機能からは、マルチユーザー環境における通知の送付先を設定できます。[マルチユーザーシステムの場合、以下のユーザーの画面に通知を表示する]フィールドでは、複数のユーザーが同時に接続できるシステムで、システム通知やその他の通知を受け取るユーザーを指定します。通常は、システム管理者またはネットワーク管理者です。このオプションは、全てのシステム通知が管理者に送信される場合、ターミナルサーバーに特に便利です。