不審なファイル

疑わしいファイルが見つかった場合は、ESETのリサーチラボに提出して解析を受けることができます。そのファイルが悪意のあるアプリケーションであることが判明すると、次のウイルス定義データベースのアップデートにその検出が追加されます。

除外フィルタ - 除外フィルターを使用すると、特定のファイルやフォルダーを提出から除外することができます。このリスト内のファイルは、疑わしいコードを含んでいても、解析のためにESETのリサーチラボに送信されることはありません。たとえば、ドキュメントやスプレッドシートなど、機密情報が含まれている可能性があるファイルを除外するときに便利です。最も一般的なファイルの種類(.docなど)は、既定で除外されます。必要に応じて、除外するファイルは追加できます。

連絡先の電子メールアドレス(任意) - 不審なファイルに連絡先の電子メールアドレスを添付することができます。この電子メールアドレスは、分析のために詳しい情報が必要な場合の連絡先として使用されます。詳しい情報が必要でない限り、ESETから連絡することはありません。

[ログを有効にする]を選択し、ファイルと統計情報の送信を記録するイベントログを作成します。これによって、ファイルまたは統計の送信時のイベントログへのログ記録が可能になります。