誤検出ファイル

感染していると検出され、実際には感染していないファイルは、ウイルス対策およびフィッシング対策のエンジンの向上と他のお客様の保護のために、送信してくださるようお願いします。ファイルのパターンがウイルス定義データベースのパターンと一致する場合、誤検出(FP)が発生する場合があります。

アプリケーション名およびバージョン - プログラム名とバージョン(番号、エイリアスまたはコード名など)。

ファイルの入手元(URLアドレスまたはベンダ) - ファイルの入手元(ソース)と、このファイルを入手方法のメモを入力してください。

アプリケーションの目的 - アプリケーションの概要、アプリケーションの種類(ブラウザ、メディアプレーヤなど)、その機能などを入力します。

備考および補足情報 - ここには、疑わしいファイルを処理する助けとなる追加情報または説明を入力します。

注意:最初の 3つのパラメーターは、アプリケーションが正当なものであるかどうかを識別し、悪意のあるコードと区別するために必要です。補足情報をご提供いただくと、研究所でのサンプルの特定および処理の際に大いに役立ちます。