ICMP攻撃

ICMP (インターネット制御メッセージプロトコル)は、広く使用されている一般的なインターネットプロトコルです。主に、さまざまなエラーメッセージを送信するために、ネットワークに接続されたコンピューターによって使用されます。

リモートアタッカーは、ICMPプロトコルの脆弱性を悪用しようとします。ICMPプロトコルは、認証を必要としない一方向の通信用に設計されています。そのため、リモートアタッカーは、いわゆるDoS (Denial of Service)攻撃、つまりサービス拒否攻撃や、認証されていないユーザーに受信および送信パケットへのアクセス権を与える攻撃を開始することができます。

ICMP攻撃の一般的な例として、pingフラッド、ICMP_ECHOフラッド、およびsmurf攻撃があります。ICMP攻撃にさらされたコンピューターは処理速度が大幅に低下し(これは、インターネットを使用する全てのアプリケーションに該当します)、インターネットへの接続に関する問題が発生します。