アプリケーションに通信を許可する方法

対話モードで新しい接続が検出された場合、適合するルールがなければ、接続を許可するか拒否するかを決定する必要があります。ESET Smart Securityで、アプリケーションが接続を確立しようとするたびに同じアクションを実行するには、[アクションを記憶する(ルールを作成する)]チェックボックスをチェックします。

DIALOG_EPFW_NEW_CONNECTION_IN_TRUSTED

ESET Smart Securityで検出される前に、アプリケーション用の新しいパーソナルファイアウォールルールを作成できます。この操作は、[ネットワーク] > [パーソナルファイアウォール] > [ルールとゾーン] > [設定]にあるパーソナルファイアウォールの設定ウィンドウで行います。[ルール]タブを[ゾーンとルールの設定]で機能させるためには、パーソナルファイアウォールのフィルタリングモードが対話モードに設定されている必要があります。

[一般]タブで、ルールの名前、方向、および通信プロトコルを入力します。このウィンドウでは、ルールが適用されたときに実行するアクションを定義することができます。

[ローカル]タブで、アプリケーションの実行可能ファイルのパスとローカルの通信ポートを入力します。[リモート]タブをクリックして、リモードアドレスとリモートポートを入力します(該当する場合)。アプリケーションが再度通信しようとするとすぐに、新しく作成したルールが適用されます。