ボットネット

ボットまたはWebロボットは自動マルウェアプログラムであり、ネットワークアドレスのブロックを検査し、脆弱なコンピューターを感染させます。これによって、ハッカーが同時に複数のコンピュータを乗っ取り、これらのコンピューターをボット(ゾンビ)に変えることができます。一般的に、ハッカーはボットを使用して、ネットワークまたはボットネットを形成する多数のコンピューターを感染させます。ボットネットがコンピューターにあると、分散型サービス拒否攻撃(DDoS)で使用されることができます。また、ユーザーが知らない間にインターネット上での自動乗っ取りを実行するために使用することもできます(迷惑メール、ウイルスの送信、または銀行の認証情報やクレジットカード番号などの個人情報の窃盗など)。