プロトコル フィルタリング

ThreatSenseの検査エンジンには、アプリケーションプロトコルに対するウイルス対策があり、そこでは全ての高度なマルウェアスキャン技術がシームレスに統合されています。プロトコルフィルタリングは、使用しているインターネットブラウザーやメールクライアントに関係なく、自動的に動作します。暗号化された(SSL/TLS)設定を編集するには、[Webとメール] > [SSL/TLS]に移動します。

アプリケーションプロトコルフィルタリングを有効にする - プロトコルフィルタリングを無効にするために使用できます。ほとんどのESET Smart Securityコンポーネント(Webアクセス保護、電子メールプロトコル保護、フィッシング対策、Webコントロール)はこれを利用しており、この機能がないと動作しません。

対象外のアプリケーション - 特定のアプリケーションをプロトコルフィルタリングから除外できます。プロトコルフィルタリングで互換性の問題があるときに有効です。

除外されたIPアドレス - 特定のリモートアドレスをプロトコルフィルタリングから除外できます。プロトコルフィルタリングで互換性の問題があるときに有効です。

Webとメールクライアント - Windows XPオペレーティングシステムでのみ使用されます。使用されているポートに関係なく、プロコトルフィルタリングですべてのトラフィックがフィルタリングされるアプリケーションを選択できます。