VA展開

仮想環境でESET Remote Administratorを実行する場合は、ERA仮想アプライアンス(ERA VA)を使用できます。また、ERA仮想アプライアンスはESET Remote Administratorの展開を簡素化し、オールインワン型のインストーラまたはコンポーネントインストールパッケージよりも高速です。

ERA VAは、ほとんどの仮想環境で展開できます。ネイティブ/ベアメタルハイパーバイザ((VMware vSphere/ESXiおよびMicrosoft Hyper-V)、通常はデスクトップオペレーティングシステムで実行されるホスト型ハイパーバイザ(VMware Workstation, VMware PlayerおよびOracle VirtualBox)をサポートします。詳細リストについては、「サポートされているハイパーバイザ」を参照してください。

このガイドでは、新機能を含む、ERA VAを展開および管理する方法を詳細に説明します。

ERA仮想アプライアンスコンソール - シンプルなテキスト型ユーザーインターフェイス (TUI) で、さまざまなオプションがあるメニューを使用できます。各オプションまたは機能はインタラクティブモードの形式であり、必要なときに値を入力するように要求し、段階に沿ってユーザーを案内します。ターミナルで複雑な構文の多数のコマンドを入力して実行するよりも、かなり簡単です。このように、CentOS 7やLinuxオペレーティングシステムの高度な経験がないユーザーでも、簡単にERA VAを使用および管理できます。特に次の機能が有用です。

o固定IPアドレスの設定 - DHCPサーバーによってERA VAにIPアドレスが割り当てられない場合には、固定IPアドレスを手動で割り当てます。

o他のサーバーからデータベースを取得する - ERA VAをアップグレードまたは移行する必要がある場合。

oERAデータベースのバックアップと復元 - ERA VAの問題がある場合に、災害復旧ストラテジーとヘルプを確立できる機能です。

o出荷時のリセット - アプライアンスを新しく展開された元の状態にします。データベースのバックアップがある場合は、ERA VAの問題がある場合に使用できます。

Webmin 管理コンソール - 他社製のWebインターフェイスで、Linuxシステムの管理を簡素化します。直感的なインターフェイスを使用して、WebブラウザーからリモートでERA VAを管理できるため便利です。Webminの最も重要なモジュールはこのマニュアルで説明されています。