サイレント / 無人インストール

次のコマンドを実行し、コマンドラインでサイレントインストール(UIを使用しない)を実行します。msiexec /i <packagename> /qn /l*xv msi.log


注意

Windows Server 2008 R2 SP1では、ネットワーク保護機能がインストールされません。

インストールが成功したことを確認するため、またはインストールで問題が発生した場合には、Windowsイベントビューアを使用して、アプリケーションログを確認します(ソースからのレコードを検索: MsiInstaller)。


64ビットシステムでの完全インストール:

msiexec /i emsx_nt64.msi /qn /l*xv msi.log ADDLOCAL=NetworkProtection,RealtimeProtection,^
DeviceControl,DocumentProtection,Cluster,GraphicUserInterface,SysInspector,SysRescue,Rmm,eula

インストールが完了すると、ESET GUIが起動し、トレイアイコンTRAY_ICONが通知領域(システムトレイ)に表示されます。


指定された言語(ドイツ語)での製品のインストール:

msiexec /i emsx_nt64.msi /qn ADDLOCAL=NetworkProtection,RealtimeProtection,^
DeviceControl,DocumentProtection,Cluster,GraphicUserInterface,^
SysInspector,SysRescue,Rmm,eula PRODUCT_LANG=1031 PRODUCT_LANG_CODE=de-de

詳細および言語コードの一覧については、コマンドラインインストール言語パラメーターを参照してください。


重要

REINSTALLパラメーターの値を指定するときには、ADDLOCALまたはREMOVEパラメーターの値として使用されない残りの機能をリストする必要があります。コマンドラインインストールを正常に実行するには、REINSTALL, ADDLOCAL、およびREMOVEパラメーターの値としてすべての機能をリストする必要があります。REINSTALLパラメーターを使用しない場合は、追加または削除が失敗する場合があります。
機能の一覧については、コマンドラインインストールセクションを参照してください。


64ビットシステムからの完全削除(アンインストール):

msiexec /x emsx_nt64.msi /qn /l*xv msi.log


注意

アンインストールが成功すると、サーバーが自動的に再起動します。