コマンドラインインストール

次の設定は、ユーザーインターフェイスの簡易基本およびなしレベルで使用されるものです。該当するコマンドラインスイッチで使用されるmsiexecバージョンについては、マニュアル exlinkを参照してください。

サポートされているパラメータ:

APPDIR=<path>

path - 有効なディレクトリパス

アプリケーションインストールディレクトリ

例: emsx_nt64.msi /qn APPDIR=C:\ESET\ ADDLOCAL=DocumentProtection

APPDATADIR=<path>

path - 有効なディレクトリパス

アプリケーションデータインストールディレクトリ

MODULEDIR=<path>

path - 有効なディレクトリパス

モジュールインストールディレクトリ

ADDLOCAL=<list>

コンポーネントインストール - ローカルでインストールされる必須以外の機能のリスト。

ESET .msiパッケージで使用: emsx_nt64.msi /qn ADDLOCAL=<list>

ADDLOCALプロパティの詳細については、https://docs.microsoft.com/en-gb/windows/desktop/Msi/addlocal exlinkを参照してください。

ADDLOCALリストは、インストールされるすべての機能のカンマ区切り値リストです。

インストールする機能を選択するときには、完全パス(すべての親機能を含む)を明示的にリストに含める必要があります。

REMOVE=<list>

コンポーネントインストール - ローカルインストールしない親 機能

ESET .msiパッケージで使用: emsx_nt64.msi /qn REMOVE=<list>

REMOVEプロパティの詳細については、https://docs.microsoft.com/en-gb/windows/desktop/Msi/addlocal exlinkを参照してください。

REMOVEリストは、インストールされない(または既存のインストールの場合に削除される)親機能のカンマ区切りのリストです。

親機能のみを指定するだけで十分です。すべての子機能を明示的にリストに追加する必要はありません。

ADDEXCLUDE=<リスト>

ADDEXCLUDEリストはインストールされないすべての機能名のカンマ区切り値リストです。

インストールしない機能を選択するときには、パス全体(すべてのサブ機能を含む)と関連する非表示の機能を明示的にリストに含める必要があります。

例: emsx_nt64.msi /qn ADDEXCLUDE=<list>


注意

ADDEXCLUDEADDLOCALと併用できません。

機能の存在

必須 - 機能は常にインストールされます。

任意 - 機能のインストールを解除できます。

非表示 - 他の機能が正常に動作するために必要な論理機能。

ESET Mail Security証明書のリスト


重要

すべての機能名は大文字と小文字を区別します。たとえば、RealtimeProtectionREALTIMEPROTECTIONは同じではありません

機能名

機能の存在

SERVER

必須

RealtimeProtection

必須

MAILSERVER

必須

WMIProvider

必須

HIPS

必須

Updater

必須

eShell

必須

UpdateMirror

必須

DeviceControl

任意

DocumentProtection

任意

WebAndEmail

任意

ProtocolFiltering

非表示

NetworkProtection

任意

IdsAndBotnetProtection

任意

Rmm

任意

WebAccessProtection

任意

EmailClientProtection

任意

MailPlugins

非表示

Cluster

任意

_Base

 

eula

 

ShellExt

任意

_FeaturesCore

 

GraphicUserInterface

任意

SysInspector

任意

SysRescue

任意

EnterpriseInspector

任意

次の機能のいずれかを削除する場合は、グループに属するすべての機能を指定して、グループ全体を削除する必要があります。そうしないと、この機能は削除されません。ここには2つのグループがあります(各行が1つのグループを表す)。

GraphicUserInterface,ShellExt

NetworkProtection,WebAccessProtection,IdsAndBotnetProtection,ProtocolFiltering,MailPlugins,EmailClientProtection


REMOVEパラメーターを使用し、親機能のみを指定して、ネットワーク保護セクション(子機能を含む)をインストールから除外します。

msiexec /i emsx_nt64.msi /qn ADDLOCAL=ALL REMOVE=NetworkProtection

あるいは、ADDEXCLUDEパラメーターを使用できますが、すべての子機能を指定する必要があります。

msiexec /i emsx_nt64.msi /qn ADDEXCLUDE=NetworkProtection,WebAccessProtection,IdsAndBotnetProtection,^
ProtocolFiltering,MailPlugins,EmailClientProtection

インストール後にESET Mail Securityを自動的に構成する場合は、インストールコマンド内の基本構成パラメーターを指定できます。


ESET Mail Security をインストールし、ESET LiveGrid®を無効にする:

msiexec /i emsx_nt64.msi /qn /l*xv msi.log CFG_LIVEGRID_ENABLED=0

すべての構成プロパティのリスト:

スイッチ

CFG_POTENTIALLYUNWANTED_ENABLED=1/0

0 - 無効、1 - 有効

CFG_LIVEGRID_ENABLED=1/0

0 - 無効、1 - 有効

FIRSTSCAN_ENABLE=1/0

0 - 無効、1 - 有効

CFG_PROXY_ENABLED=0/1

0 - 無効、1 - 有効

CFG_PROXY_ADDRESS=<ip>

プロキシIPアドレス。

CFG_PROXY_PORT=<port>

プロキシポート番号。

CFG_PROXY_USERNAME=<user>

認証用のユーザー名

CFG_PROXY_PASSWORD=<pass>

認証のパスワード

言語パラメーター: 製品言語(両方のパラメーターを指定する必要があります)

スイッチ

PRODUCT_LANG=

LCID数値(ロケールID)。例: 1033 (English - United States)。言語コードの一覧 exlinkを参照してください。

PRODUCT_LANG_CODE=

小文字のLCID文字列(言語カルチャー名)。例: en-us (English - United States)。言語コードの一覧 exlinkを参照してください。