コマンド

このセクションでは、eShellのいくつかの基本的なコマンドと、例となる説明を示します。

icon_details_hover注意

コマンドの大文字と小文字は区別されません。大文字と小文字のいずれも使用でき、コマンドは区別なく実行されます。

ROOTコンテキストに用意されているコマンドの例:

ABOUT

プログラムに関する情報が表示されます。次のような情報が表示されます。

インストールされているESETセキュリティ製品の名前とバージョン番号。
オペレーティングシステムと基本ハードウェア情報。
ユーザー名(ドメインを含む)、完全コンピューター名(サーバーがドメインのメンバーの場合FQDN)、シート名。
各コンポーネントのバージョン番号を含む、ESETセキュリティ製品のインストール済みコンポーネント。

コンテキストパス:

root

PASSWORD

パスワードで保護されたコマンドを実行する場合、通常は、セキュリティ上の理由でパスワードの入力を求められます。これは、ウイルス対策保護を無効にするコマンドや、ESET Mail Securityの設定に影響する可能性のあるコマンドに適用されます。このようなコマンドは、実行ごとにパスワードを要求します。毎回パスワードを入力しないために、パスワードをセットすることができます。セットしたパスワードは、eShellに記録されます。パスワードで保護されたコマンドを実行するときに、セットされたパスワードが自動的に使用されるため

icon_details_hover注意

セットしたパスワードは、現在のeShell対話セッションに限って有効です。セットしたパスワードは、eShellを終了すると削除されます。eShellを再度開始した場合は、パスワードを再度セットする必要があります。

定義されたパスワードは、未署名のバッチファイル/スクリプトを実行するときにも使用できます。未署名のバッチファイルを実行するときには、必ず、ESET Shell実行ポリシーフルアクセスに設定してください。下記に、パスワードのセットを含むバッチファイルの例を示します。

eshell set password plain <yourpassword> "&" set status disabled

上記の連結されたコマンドは、パスワードを定義し、保護を無効にします。

validation-status-icon-warning 重要

可能なかぎり、署名されたバッチファイルを使用することをお勧めします。このように、バッチファイルにプレーンテキストパスワードが含まれません(上記の方法を使用する場合)。詳細については、バッチファイル/スクリプト (署名されたバッチファイルセクションを参照してください。

コンテキストパス:

root

構文:

[get] | restore password

set password [plain <password>]

操作:

get - パスワードを表示する

set - パスワードを設定または削除する

restore - パスワードをクリアする

パラメータ:

plain - パラメータとしてパスワードを入力する方式に切り替える

password - パスワード

例:

set password plain <yourpassword> - パスワードで保護されたコマンドに使用するパスワードを設定する

restore password - パスワードをクリアする

例:

get password - パスワードが設定されているかどうかを確認する場合に使用します(アスタリスク"*"を表示するだけでパスワード自体は表示しません)。アスタリスクが表示されない場合は、パスワードは設定されていません。

set password plain <yourpassword> - 定義したパスワードを設定する場合に使用します。

restore password - このコマンドは、定義したパスワードをクリアします。

STATUS

GUI同様、現時点におけるESET Mail Securityの保護の状態に関する情報を表示します。

コンテキストパス:

root

構文:

[get] | restore status

set status disabled | enabled

操作:

get - ウイルス・スパイウェア対策のステータスを表示する

set - ウイルス・スパイウェア対策を無効化/有効化する

restore - 既定の設定/オブジェクト/ファイルを復元

引数:

disabled - ウイルス対策保護を無効にする

enabled - ウイルス対策保護を有効にする

例:

get status - 現在の保護の状態を表示する

set status disabled - 保護を無効にする

restore status - 保護を既定の設定(有効)に戻す

VIRLOG

これは、DETECTIONS コマンドのエイリアスです。検出された侵入物に関する情報を表示する必要がある場合に有用です。

WARNLOG

これは、EVENTS コマンドのエイリアスです。さまざまなイベントに関する情報を表示する必要がある場合に有用です。