アンチセフト

ESET アンチセフト機能はモバイルデバイスを不正アクセスから保護し、他者による操作を監視できるようにして、デバイスの位置を追跡します。また、デバイスを紛失した場合、見つけた人にメッセージを表示することができます。

デバイスを紛失したときは、ESET アンチセフトポータルを使用して対応することも、信頼できる連絡先のデバイスからSMSコマンドを使用して特定のアクションを実行することもできます。SMSによるアクションを実行するには、信頼できる友達の機能を設定し、信頼できる友達のリストにその電話番号を追加する必要があります。ESET Mobile SecurityでAnti-Theft保護を設定するには、「ESET Mobile Security for AndroidでAnti-Theftを設定する」ナレッジベース記事をご覧ください。

ESET アンチセフトでは、デバイスの位置情報とカメラアクセス権限が必要です。警告を表示して、デバイスのロックを解除するには、ESET Mobile Securityで画面オーバーレイ権限が必要です。

この機能では、不審なモードでトリガーされた警告とアクティビティを調整できます。ESET Mobile Securityは定期的にデバイスの位置情報、カメラの写真、およびWi-Fi IPアドレスを保存します。次の内容を定義できます。

デバイスの自動ロック

次のアクションのいずれかが実行された場合に自動的にデバイスをロックするように、ESET Mobile Securityをセットアップします。

SIMカードが取り外されたとき - 信頼できるSIMカードがデバイスから取り外された場合にデバイスをロックします。信頼できるSIMカードを取り外してチェックするには、[信頼できるSIMカードを管理]を選択し、取り外すSIMカードを選択して、ごみ箱アイコンaction_button_deleteをタップします。信頼できるSIMカードを追加するには、そのSIMカードを挿入します。自動ロックが有効になっている場合は、デバイスをロック解除する必要があります。ESET Mobile Securityにより、新しく追加したSIMカードを信頼するように求められます。この機能を有効にするために、SIMカードと連絡先に一意の識別子ESET####が作成されます。この一意の識別子は削除しないでください。識別子の連絡先が削除された場合、デバイスがロックされます。

warning

SIMカード取り外し時の自動ロックのサポート

SIMカード取り外し時の自動ロック機能は、CDMA、WCDMA、およびWiFi専用デバイスでは使用できません。

ロック解除が[X]回施行された後 - 有効にすると、ロック解除の試行失敗回数を設定している場合に、実際にその回数だけ失敗すると、デバイスがロックされます。この回数はAnti-Theftの設定で設定できます。誤って試行に失敗した場合は30秒以内であれば訂正でき、失敗した試行としてカウントされなくなります。訂正できる時間はAnti-Theftの訂正猶予時間オプションの設定で変更できます。訂正猶予時間を無効にすれば、設定した回数失敗した場合に、デバイスはただちにロックされます。

デバイスをロックした場合、デバイス所有者の連絡先情報を表示したり、デバイスのロックを解除しようとしている人物の写真を取得するために両方のカメラで写真を撮ったりすることもできます。

デバイスのロック後

デバイスのロック後には、次のアクションを実行できます。

連絡先詳細の表示 - 正しくない画面ロックコードが入力されたときに[連絡先所有者]オプションを表示します。

写真を撮る - ロック解除の試行に失敗したりSIMカードが取り外されたりした場合に、背面および正面カメラの写真をデバイスギャラリーとAnti-Theftポータルに保存します。

 

SMSコマンド

有効にすると、デバイスのロック、デバイスの検索、デバイスの完全なワイプなどの操作を実行するSMSコマンドを実行できます。SMSコマンドを送信できるようにするには、SMSコマンドを送信するために使用するデバイスの電話番号を、信頼できる連絡先として保存しておく必要があります。

SMSコマンド

信頼できる連絡先を管理。

信頼できる連絡先を追加するには、[信頼できる連絡先を管理]をタップし、右下の+icon_plusアイコンをタップします。信頼できる特定の連絡先が送信できるコマンドの種類を選択できます。信頼できるSIMカードが取り外されたとき、信頼できる連絡先に通知を送信することもできます。

 

important

テキストメッセージ機能

Anti-Theftの信頼できるSIMカードおよび信頼できるSMSテキストコマンドは、CDMAデバイスや、テキストメッセージをサポートしないデバイスでは使用できません。