駆除レベル

目的の保護モジュールの駆除レベル設定にアクセスするには、ThreatSenseパラメーター(リアルタイムファイルシステム保護など) を展開し、駆除 > 駆除レベルを探します。

ThreatSenseパラメーターには次の修復(駆除)レベルがあります。

ESET Internet Securityでの修復

駆除レベル

説明

常に検出を修正する

オブジェクトの駆除中に検出の修復を試みます。ユーザー操作はありません。ごく一部の場合(システムファイルなど)で、検出を修正できない場合は、報告されたオブジェクトは元の場所に残されます。

安全な場合に検出を修正する。安全でない場合は保持する

ユーザー操作なしで、オブジェクトの駆除中に検出の修復を試みます。一部の場合(システムファイルや、感染していないファイルと感染したファイルの両方を含むアーカイブなど)で、検出を修正できない場合は、報告されたオブジェクトは元の場所に残されます。

安全な場合は検出を修正する。安全でない場合は確認する

オブジェクトの駆除中に検出の修復を試みます。一部の場合で、アクションを実行できない場合は、エンドユーザーにインタラクティブアラートが表示され、エンドユーザーが修復アクション(削除または無視など)を選択する必要があります。ほとんどの場合、この設定が推奨されます。

常にエンドユーザーに確認する

エンドユーザーは、オブジェクトの駆除中に対話型ウィンドウが表示され、修復アクション(削除または無視など)を選択する必要があります。このレベルは、検出された場合に実行する手順を理解している上級ユーザー向けに設計されています。