ホームネットワーク保護

ホームネットワーク保護は、開いているポートまたは弱いルーターパスワードなどのホームネットワークの脆弱性を特定できます。 この機能では、また、簡単にアクセスできる接続されたデバイスのリスト、タイプ別に分類されたデバイス(プリンター、ルーター、モバイルデバイスなど)があり、ホームネットワーク(ゲームコンソール、IoT、または他のスマートホームデバイスなど)に接続されたユーザーを示します。 ルーターは再構成されません。 ルーターの専用インターフェイスを使用して、自分で変更します。 ホームルーターは、分散サービス妨害攻撃(DDoS)を起動するために使用されるマルウェアに対して非常に脆弱です。 ルーターパスワードがユーザーによって既定値から変更されていない場合は、ハッカーが簡単に推測し、ルーターにログインして、再構成するか、ネットワークに危険にさらすことができます。

warning

警告

十分に長さのある、数字、記号、大文字を含む強力なパスワードを作成されることを強く推奨します。 パスワードのクラッキングを困難にするには、異なる種類の文字を使います。

ネットワークに接続された各デバイスは、ソナービューに表示されます。 アイコンの上にカーソルを置くと、ネットワーク名や前回表示日時などの基本情報が表示されます。 アイコンをクリックすると、デバイスの詳細情報が表示されます。

リストビューですべての接続されたデバイスの情報を表示するには、ICON_LIST_VIEWをクリックします。 リストビューには、リスト形式のソナービューと同じデータが表示されます。 ドロップダウンメニューを使用して次の条件に基づいてデバイスをフィルタリングできます。

特定のネットワークに接続されたデバイス

分類されていないデバイス

すべてのネットワークに接続されたデバイス

ホームネットワーク保護モジュールでは2つの通知が表示されます。

ネットワークに接続された新しいデバイス - ユーザーの接続中に以前に表示されていないデバイスがネットワークに接続された場合、通知が表示されます。

検出された新しいネットワークデバイス - ホームネットワークに再接続し、以前に表示されていないデバイスがある場合に表示されます。

note

注意

いずれの通知タイプも、許可されていないデバイスがネットワークに接続しようとしていることを通知します。

note

注意

簡単に見つけ出せるよう、ルーター近くに最近接続したデバイスが表示されます。

ホームネットワーク保護 脆弱なルーターを特定し、外部ネットワークに接続したときの保護レベルを引き上げます。

ルーターの検査をクリックし、現在接続されているルーターの検査を手動で実行します。ネットワークを検査は、Windowsでホームネットワークに設定されているネットワークでのみ使用できます。

次の検査オプションから選択できます。

すべてを 検査する

ルーターのみを検査する

デバイスのみを検査する

warning

警告

自分のホームネットワークでのみネットワーク検査を実行してください。 他人のネットワークで実行する場合は、潜在的な危険があることを認識してください。

PAGE_HOMENETWORK

ルーター検査が完了すると、デバイスに関する基本情報へのリンクがある通知が表示されるか、テーブルまたはソーナービューの不審なデバイスをダブルクリックできます。 [トラブルシューティング]をクリックして最近ブロックされたコミュニケーションを確認します。ファイアウォールトラブルシューティングの詳細

ホームネットワーク保護のデバイス上のアイコンは何を意味しますか。

ICON_STAR

黄色の星アイコンは、ネットワークの新しいデバイスや、ESET によって初めて検出されたデバイスを示します。

ICON_CAUTION

黄色の注意アイコンは、ルーターに脆弱性が含まれている可能性があることを示します。問題の詳細については、製品のアイコンをクリックしてください。

ICON_WARNING

赤い警告アイコンは、ルーターに脆弱性が含まれ、感染している可能性があるデバイスを示します。問題の詳細については、製品のアイコンをクリックしてください。

ICON_INFO

ESET製品にルーターの詳細情報があるが、セキュリティリスクがないため、緊急の対応が必要がない場合、青いアイコンが表示されることがあります。詳細については、製品のアイコンをクリックしてください。