パフォーマンス除外の追加または編集

このダイアログウィンドウは、このコンピューターの特定のパス(ファイルまたはディレクトリ)を除外します。

note

パスを選択するか、手動で入力する

該当するパスを選択するには、パスフィールドで...をクリックします。

手動で入力するときには、以下の除外形式の例を参照してください。

DIALOG_EXCLUDE_PATH


ワイルドカードを使用すると、複数のファイルを除外することができます。疑問符(?)は1つの文字を表し、アスタリスク(*)は0文字以上の文字列を表します。

example

除外対象のフォーマット

フォルダー内のすべてのファイルを除外する場合は、フォルダーのパスを入力し、*.*のようにワイルドカードを使用します。

docファイルのみを除外する場合は、マスク*.docのようにワイルドカードを使用します。

実行可能ファイルの名前に特定数の文字が使用されており(それぞれの文字は異なります)、最初の文字(たとえば"D")のみが明らかな場合は、次の形式を使用します。
D????.exe疑問符は、不足している(不明な)文字の代わりに使用されます。

example

除外のシステム変数

%PROGRAMFILES%などのシステム変数を使用して、検査除外を定義できます。

このシステム変数を使用してProgram Filesフォルダーを除外するには、除外に追加するときに、パス%PROGRAMFILES%\*(必ずパスの最後にバックスラッシュとアスタリスクを追加すること)を使用します。

%PROGRAMFILES%サブディレクトリのすべてのファイルとフォルダーを除外するには、パス%PROGRAMFILES%\Excluded_Directory\*を使用します。

hmtoggle_plus0 サポートされるシステム変数のリストを展開する

example

アスタリスクを使用したパス除外

アスタリスクを使用したその他の除外例:

C:\Tools\* – パスの最後がバックスラッシュとアスタリスクで、フォルダーとすべてのサブフォルダーが除外されることを示す必要があります。
C:\Tools\*.dat – これは、Toolsフォルダーの.datファイルを除外します。
C:\Tools\sg.dat - 正確なパスにあるこの特定のファイルを除外します

パフォーマンス除外の例外

C:\Tools\*.*C:\Tools\*と同じ動作(マスク*.*と混同しないでください。これはToolsフォルダーの拡張子のファイルのみを除外します)。

正しくない手動で入力された除外の例:

C:\ToolsToolsフォルダーは除外されません。スキャナーの観点から、Toolsをファイル名にすることもできます。
C:\Tools\ – パスの最後にアスタリスクを必ず追加してください。C:\Tools\*

example

パスの中間のワイルドカード

システムインフラストラクチャの要件がある場合以外は、パスの中央でワイルドカードを使用しないことをお勧めします(例: C:\Tools\*\Data\file.dat)。詳細については、次のナレッジベース記事を参照してください。

検出除外を使用するときには、パスの中央でワイルドカードを使用することに関する制限はありません。

example

除外の順序

上下ボタンを使用して、 除外の優先度レベルを調整するオプションはありません。 (ファイアウォールルールでは、ルールは最上位から最下位へと実行されます)

スキャナーによって最初に適用されるルールが一致すると、2番目に適用されるルールは評価されません。

ルールが少ないほど、検査のパフォーマンスが向上します。

同時ルールの作成を避ける