アラートとメッセージボックス

important

共通のアラートと通知に関する情報

マルウェアが検出されました

アドレスがブロックされました

アクティベーションされていません

アップデートを利用できます

アップデート情報に矛盾があります。

「モジュールアップデート失敗」メッセージのトラブルシューティング

「ファイルが破損しています」または「ファイルの名前を変更できませんでした」

Webサイト証明書が取り消されました

ネットワークの脅威がブロックされました

ユーザーインターフェースの下のアラートとメッセージボックス(以前はアラートと通知)セクションでは、ユーザーによる決定が必要な場合(フィッシングWebサイトの可能性など)、検出がESET Internet Securityによって処理される方法を設定できます。

CONFIG_ALERT

アラートとメッセージボックス

インタラクティブアラートを表示するをオフにすると、すべての警告ウィンドウとブラウザー内ダイアログが表示されなくなります。この設定が適しているのは、特定の限られた状況のみです。ほとんどのユーザーには、既定の設定のままにすることをお勧めします(チェックボックスをオンにします)。

製品内メッセージング

マーケティングメッセージを表示する- 製品内メッセージングは、ESETニュースとその他の連絡事項をユーザーに通知するために設定されています。 マーケティングメッセージを送信するには、ユーザーの同意が必要です。 このため、マーケティングメッセージは、既定では、ユーザーに送信されません(疑問符が表示されます)。 このオプションを有効にすると、ESETマーケティングメッセージを受信することに同意します。 ESETマーケティング資料に関心がない場合は、オプションを無効にします。

デスクトップ通知

デスクトップの通知とバルーンヒントは情報を表示するだけであり、ユーザー操作は必要ありません。デスクトップ通知セクションは、詳細設定のツール > 通知に移動しました(バージョン12.2以降)。

メッセージボックス

特定の時間が経過した後で自動的にポップアップウィンドウを閉じるには、[自動的にメッセージボックスを閉じる]を選択します。警告ウィンドウを手動で閉じないと、指定した時間が経過すると、ウィンドウは自動的に閉じられます。

確認メッセージ - 表示または非表示にする確認メッセージを選択できるリストが表示されます。