フィッシング対策機能

フィッシングはソーシャルエンジニアリング(機密情報を入手するためにユーザーを操る)を使用する犯罪活動です。フィッシングは、銀行の口座番号やPINなどの機密データにアクセスするために使用されます。詳細については、用語集を参照してください。ESET Endpoint Antivirusはフィッシング対策機能を提供し、このようなコンテンツを配布することが知られているWebページをブロックできます。

フィッシング対策機能は既定で有効です。この設定は、メインプログラムウィンドウ > 詳細設定 (F5) > Webとメール >フィッシング対策機能からアクセスできます。

ESET Endpoint Antivirusのフィッシング対策保護の詳細については、ナレッジベース記事を参照してください。

フィッシングWebサイトにアクセスする

認識されているフィッシングWebサイトにアクセスすると、Webブラウザーに次のダイアログが表示されます。それでもWebサイトにアクセスする場合は、[脅威を無視] (推奨されません)をクリックします。

WEB_PHISHING


note

ホワイトリストに入れられた潜在的なフィッシングWebサイトは、既定では数時間後に有効期限が切れます。Webサイトを永続的に許可するには、URLアドレス管理ツールを使用します。[詳細設定] (F5)から、[Webとメール] > [Webアクセス保護] > [URLアドレス管理]> [アドレスリスト]をクリックし、[編集]をクリックして、編集するWebサイトをリストに追加します。

フィッシングサイトの報告

[報告]リンクを使用すると、フィッシングWebサイト/悪意のあるWebサイトを分析のためにESETに報告することができます。


note

ESETにWebサイトを提出する前に、次の基準の1つ以上を満たしていることを確認してください。

また、メールでWebサイトを提出することもできます。メールはsamples@eset.comに送信してください。わかりやすい件名にし、Webサイトに関する情報(参照元のWebサイト、このWebサイトを知った経緯など)をできるだけ多く記載してください。