ESET Bridge 概要

ESET Bridgeは、オープンソースnginxソフトウェアに基づく新しいESETソフトウェアで、ESETセキュリティソリューションのニーズに合わせて調整されています。

ESETはESET BridgeとESET PROTECT 10.0 (以降)を従来のApache HTTP Proxyに代わるプロキシコンポーネントとして配布します。ESET BridgeとApache HTTP Proxyの比較を参照してください。ESET BridgeはESET PROTECT Cloudでも使用できます。

ESET Bridgeを使用すると、最大10,000コンピューターをESET PROTECTに接続できます。

ESET BridgeとESET PROTECTを使用すると、次のことができます。

アップデートをキャッシュに保存して、クライアントコンピューターに配布し、ESET Managementエージェントにインストールパッケージを配布します。

エージェントコンピューターがサーバーに直接接続できない環境で、ESET ManagementエージェントからESET PROTECTサーバーに通信を転送します。

HTTPトラフィックキャッシュ—ESET BridgeはHTTPSトラフィックを復号してキャッシュに保存できます。

oサポートされているESETセキュリティ製品から送信された要求(モジュール、リポジトリ)を更新します(ESET Endpoint Antivirus/Security for Windowsバージョン10以降)。

oESET PROTECTのESET LiveGuard AdvancedトラフィックとサポートされているESETセキュリティ製品は上記の一覧を参照してください。


important

ESET Bridgeは、Windows Server/Linux/macOSセキュリティ製品のHTTPSトラフィックキャッシュをサポートしません

ESET PROTECT CloudはHTTPSトラフィックキャッシュをサポートしません

プロキシチェーン—ESET Bridgeトラフィックをリモートプロキシに転送できます。

ネットワークインフラストラクチャのESET Bridge

次の図は、2台のESET Bridgeコンピューターを示します。

最初のESET Bridgeは、ESET PROTECTサーバーに直接接続できるプロキシサーバーとして機能し、ESETクラウドトラフィックをESET PROTECTコンポーネントとESETエンドポイント製品に配布します。

次のESET Bridgeは、リモートロケーションのESET ManagementエージェントからESET PROTECTサーバーに通信を転送します(ESET PROTECTサーバーには直接接続できません)。

scheme_two_proxies