ESET Secure Authentication

ESET Secure Authentication (ESA)バージョン2.8以降は、ESET Business Account (EBA)ポータルアカウントで登録されたアカウントによるライセンスアクティベーションをサポートしています。

ライセンスプール

1.10シートのESAライセンスがあります。このため、二要素認証(2FA)保護は、10ユーザーで使用できます。

2.EBAアカウントを使用してESAをアクティベーションします。

3.追加で20シートが必要な場合は、20シートの新しいESAライセンスを購入して、EBAアカウントにインポートし、前のライセンスと同じサイトに割り当てます。

4.ESAを再アクティベーションせずに、追加のユーザーの2FAを有効にすることができます。

ESA SDKキーの管理

ESA SDKを使用するには、APIキー(キー)とAPIシークレット(シークレット)を生成する必要があります。

1.ESET Business Accountポータルにログインします。

2.ライセンス > ESET Secure Authentication SDKをクリックします。

3.アクティベーションをクリックします。

4.ESAライセンスを含むライセンスプールを選択します。

5.アクティベーションをクリックします。

6.ポータルでは、ESA SDKで使用するための一意のキーとシークレットが生成され、表示されます。

特定のキーのSDKを無効にするには、キーを取り消します。

1.ライセンス > ESET Secure Authentication SDKをクリックします。

2.取り消すキーをクリックして、取り消しを選択します。

3.取り消しをクリックして、処理を完了します。

 

キーを別のサイト(ライセンスプール)に移動するには、次の手順に従います。

1.ライセンス > ESET Secure Authentication SDKをクリックします。

2.別のライセンスプールに移動するキーをクリックして、再有効化を選択します。

3.任意のライセンスプールを選択し、再有効化をクリックします。

SMSクレジット

ESA v2.8はESETのコアライセンスフレームワークに参加しているため、SMSクレジット(SMS経由でワンタイムパスワードを提供する)は、EBAポータル経由でのみ追加できます。


note

EBAアカウントを使用してESAを再アクティベーションする

単一の製品認証キーを使用して、以前にESAをアクティベーションした場合は、EBAアカウントを使用して、ESAを再有効化する必要があります。

1.リセラーから有効なESA SMSクレジットライセンスを購入してください。

2.ESAインストールをアクティベーションするために使用したものと同じサイト(ライセンスプール)にEBAポータルの製品認証キーをインポートします。

3.少し時間がたった後に、設定 > ライセンスでESA WebコンソールでOTP SMSクレジット数を確認し、更新をクリックします。