盗難にあった場合の解決方法

コンピュータやデバイスが紛失・盗難にあった場合は、それらを紛失中に設定します。このステータス変更を、ESET アンチセフト Webインタフェースから行うには、紛失中のデバイスを選択し、[ステータス]をクリックして、[紛失中に設定]をクリックします。

ESET アンチセフトは、架空アカウントを除くすべてのアカウントへのアクセスを禁止し、[アクティビティ]メニューで表示できる通常のカメラ写真とスクリーンショットの撮影を開始します。

デバイスを盗難・紛失されたものとする場合は、デバイスを選択して[紛失中に設定]をクリックします。

ANTITHEFT_WEB

次のアクションが行われます。

デバイスのステータスが紛失に設定されたことを通知する電子メールが送信されます。

紛失したコンピュータまたはデバイスがオンラインになると、ESET Smart Security、ESET Smart Security Premium、ESET Mobile Securityは、定期的に情報を記録します。このデータは、[アクティビティ]タブで確認できます。

紛失したデバイスは、オンラインになってから2、3分以内に自動的に再起動します。

架空アカウントが存在する場合、デバイスはこのアカウントを既定のアカウントとして使用し、自動的にログインします。これによって、誰かが他のユーザーアカウントにログインしたり、ユーザーデータにアクセスできなくなります。

note

備考

[テストの実行]をクリックして、デバイスを紛失中に設定すると、どのような処理が行われるかを、事前に確認してください。

重要な推奨事項

紛失・盗難によって生ずる損害を減らすため、次の作業を行うことを強くお勧めします。

my.eset.comアカウントの詳細情報を他人に教えないでください。これは、ESET アンチセフト Web にログインするためのユーザー名とパスワードの事です。Webブラウザーにログイン資格情報を保存しないことをお勧めします。

電子メールアカウントのパスワードの変更 - 特に、Outlook ExpressやMozilla Thunderbirdなどの電子メールプログラムを使用している場合や、WebブラウザにWebメール(Gmailなど)のパスワードを保存している場合は行ってください。

インターネットバンキングのパスワードを変更し、不審な取引がないか、銀行口座を確認してください。

参加するソーシャルメディアすべてのパスワードの変更 - これは主に、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークに関するものです。

 
このコンピュータを通常状態に戻すには、[紛失中を解除]をクリックします。デバイスが再起動し、通常のユーザーアカウントが再度有効になります。

note

備考

既定の監視期間は14日間です。有効期限の5日前には、デバイスのステータスを確認するように指示する電子メールがESETから送信されます。